ワクチンについて

今、興味のあること

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、ようやくワクチンが完成して、順次接種されています。日本でも、そろそろ接種が始まろうとしておりますが、そもそもワクチンとは何なのか、どのように生成するのか、作るのにどのくらいかかるのかなど基本的なお話しを一緒に見ていきましょう。

ワクチンとは

まず、そもそもワクチンとは何なのでしょうか?お薬なのでしょうか?

それを知るには、まず私達人間の性質を理解する必要があります。

私達の周りには、病気をひきおこす細菌やウィルス等の微生物が身近に存在します。その微生物を病原体といいます。その病原体が、体の中に入って病気になったり、ひどい場合は死に至ったりします。

しかし、人間の体には、一度入ってきた病原体が再び入ってきても病気にならないようにするしくみがあります。これを免疫といい、入ってきた病原体を覚えて、退治します。そうすることで、病気にならなかったり、なっても軽症で済むようにできています。

このシステムを利用したのがワクチンです。

病気になる前に、病原体の毒性を弱めたり、無毒化したウィルスを体の中に入れることによって、病原体が入ってきても免疫ができているので退治できるというわけです。

いわば、病気にかからなくするようにする予防薬です。病気になってから、その症状を緩和し、悪化を防ぐ治療薬とは少し違いますね。

ちなみに、細菌は自己増殖能力があり、ウィルスは細胞を宿主にして増殖します。 大きさは、いずれも小さなものですが、細菌は光学顕微鏡で見ることができます。ウィルスはそれよりも小さな物です。

ワクチンの種類

ワクチンの種類には、2種類あります。「生ワクチン」「不活性ワクチン」の2つです。

  • 生ワクチン

弱いウィルスを投与して、あえて軽い病気にかからせる方法です。症状がごく軽度である為、健康に問題はないのですがそれでもしっかり抗体は作られます。生きたウイルスを使うため、「生ワクチン」と呼ばれます。

生ワクチンは毒を弱めていても、生きているので、体の中で悪さをする可能性があるので、重症化してしまう懸念があります。

  • 不活性ワクチン

死んだウイルスを投与し抗体を作らせる方法です。インフルエンザワクチンはこの方法になります。死んだウィルスを使うので、その点は問題ないですが、大量のウィルス量を体に入れなければいけません。そして、大量のウィルスを作成するためには、生きた動物の体が必要です。人間ではできませんので、普通は孵化前の鶏卵を使います。卵一個につき一人分のワクチンなので、時間や場所等のコストがかかります。

ワクチンができるまで

卵や細胞の中で病原体を増やして、病原体を精製し、無毒化、弱毒化した上で、他の成分を加えて、ワクチン溶液を作ります。

その研究、開発から、動物実験、臨床試験を経て、承認を受けて、製造し、管理するまでですが、開発するだけで何十年とかかることはザラにあります。もともと、健康な人が病気にならないように投与するものですので、その分安全基準が厳しくなっております。

最後に

医療従事者さんの努力で、これだけ早く新型コロナウィルスのワクチンが開発されて、実用化されていることに感謝の念に堪えません。 一刻も早く、マスク姿ではない毎日を送りたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました