シェア自転車について

今、興味のあること

勤務先の近所に、「シェアサイクル、やってます。」との旗があり、すこし気になるので調べてみました。

その名も「HUB chari」

その説明書きには、大阪府内にある複数のポートで自由に自転車を借りたり返したりできるレンタサイクルの新しいシステムです。

とあります。

ハブチャリについて

HUB chariは2011年から大阪で始まったシェアサイクル。


大阪の2大問題といわれる、自転車問題とホームレス問題を解決しようと生まれたようで、その収入は全て、ホームレスの人への路上脱出のサポートに使っているそうです。


大阪府下に広がる複数の拠点内なら、自転車の乗り捨てができとっても便利!

といったものです。どこでも拠点内なら返せるというのがいいですね。

では、どのようにして借りるのでしょうか?

会員登録

初回のみ、会員登録が必要です。

専用サイトから、個人情報や、料金引き落としのクレジットカードの設定を行います。

借りるとき

2つのパターンがあります。

1回毎にパスワードを発行して、その番号を自転車に付いているパネルに入力して、解錠するか、

お持ちのICカード(PiTaPaやICOCAなど)を自転車の鍵として登録して解錠するかの2通りです。

よく使うということであれば、カードを登録しておくほうが便利ですね。自転車のパネルにカードをかざすだけで、解錠できるようです。

借りられる自転車は、「電動自転車」というのもよいですね。

料金

1回利用は、30分150円で、延長は30分につき100円です。

1日利用は、当日の23:59までで、1,389円です。

月額利用は、基本料金が2,000円で、30分未満の利用は何回でも追加料金不要です。近場の買い物や営業には良さそうです。

30分以上使い場合は、基本料金プラス、30分につき100円が加算されます。

支払いは、全てクレジットカードからの引き落としです。

返却

大阪府内にある200の拠点どこでも返却可能です。大阪市内に拠点が多いようです。

詳しくはこちらをどうぞ。

その他

同じようなシステムで、自転車販売の「あさひ」が豊中市や吹田市で公共施設や「あさひ」の店舗で、シェアサイクルを運営されております。

運営会社によって、エリアが違ってくるので、注意が必要です。今後、タイムズカーシェアのように、自転車も所有しないという選択も増えてくるのではないでしょうか。

また、車のように、自転車もロードバイクなど乗ってみたいなという車種も増えてくれば、人気も出てくるのではないでしょうか?

その場合、安全性の問題も付いてきますので、車のように保険の加入など、細やかな対応が必要だと思います。

駅の構内などに設置しているレンタサイクルなどは、時間の制限があり、いつでもどこでもというわけではないので、このようなシステムが広がっていけば、便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました