老朽化マンションの建て替えについて

住まいのこと
老朽化マンションの「終活」を阻む3つの課題 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

背景・建て替えの必要性

築40年を超えているマンションは、現在の81.4万戸から、10年後には、198万戸、20年後には367万戸となり、今後、老朽化や、管理組合の担い手不足のマンションが急増する見込みです。

築40年超えの築古マンションでも売れる? 売却しやすい中古物件について解説 - 不動産売却の教科書

そこで、マンションの老朽化を抑制し、周辺への危害を防止するための、維持管理の適正化や、老朽化が進み維持修繕が困難なマンションの再生に向けた取り組みが必要です。

マンション建て替え円滑化法の改正

そんな中、建て替える必要がある要件(除去の必要性)の範囲を広げることにより、その対象を拡充しようという方向性で改正されました。

例えば、現行の耐震性不足のものに加えて、外壁の剥離により危害を生じる可能性のあるマンションや、バリアフリー性能が確保されていないマンションなどを適用対象とし、従来は、所有者全員の同意が必要だったものを、4/5に緩和し、建て替えをしやすくなるように改正いたしました。

株式会社ユキ商事 建物診断センターBIG本部 | 外壁診断 外壁赤外線調査

建て替えの際には、今までのマンションよりも高い建物を建てられるようにしたり、団地の一部のマンションを分離して建て替えができるようにしたりと、色んなハードルを低く設定して、建て替えを促進するようにしております。

総合設計制度|建替えマンション投資.com

現状について

しかし、現状は、建て替え工事中の仮住まいへの引っ越しと、完成してからと2回移らないといけなかったり、入居者の高齢化で今更建て替えなど不要で、そのまま住み続けたいという意見も多いようです。

マンションは「建て替え」も視野に入れて選ぶべき!購入時のポイントも解説 | 不動産売買の説明書

いずれにしても、耐震性や、外壁の崩落などそのまま放置すると危険な建物に関しては、もう少し条件を緩和していかなければ、なかなか進まないのではというのが、私の意見ですが皆様いかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました