トイレについて

住まいのこと

建売戸建てや中古マンションのリノベーション物件などで、おトイレも最近はいいものがたくさん出てきております。

いろんな機能がついていたり、見た目がスタイリッシュだったり。色々調べると、「へぇ~」と思えることが結構あります。ご参考にどうぞ。

トイレの種類

トイレの種類は、大きく分けて4タイプです。

① 組み合わせトイレ

こんな感じのごくありふれたおトイレです。

温水洗浄便座は、別途取り付けが必要です。

現在、最も普及しているタイプです。おそらくほとんどの方が見たことがあるおトイレです。特徴は、便器・タンク・便座がそれぞれパーツとして組み合わさって、一つのトイレができます。

安価である

それぞれパーツごとに取り替えられるので、修理が安くつく

凸凹や狭い隙間が多く、ホコリがたまりやすく、掃除がしにくい

タンクの水がたまるまで、流すことができないので、連続して使えない時がある

② 一体型タイプ

このように、すべてつながっているタイプです。

組み合わせとは違い、便器・タンク・便座がすべてつながって、ひとつになっているタイプ

凸凹や隙間が少なく、お掃除がしやすい

タンク上部の手洗い部分が深くて広く、手前に傾いており、手が洗いやすい

スタイリッシュなフォルム

壊れたとき、パーツの取り外しができないので、部分ごとに修理ができず、全て交換で高くつく

タンク部分は陶器製ではないので、ツヤがなく安っぽく見える

タンクの水がたまるまで、流すことができないので、連続して使えない時がある

③ タンクレス

読んで字のごとく、タンクがないタイプです。

水をためるタンクがないので、水道直結で水を流します。

タンクがないので、その分の高さや奥行きに広がりがでて、広く使える

スタイリッシュでかっこいい

障害物がなく、拭き掃除が楽にできる

タンクからの給水ではないので、連続して水を流せる

手洗い器は別途取り付けが必要なので、費用がかかる

他のタイプに比べて高い

故障したとき、まるごとの交換が必要

水道直結なので、水圧が低いと設置できない

④システムトイレ

システムキッチンと同様に、そのスペースを一つとして収納や手洗い器、便器、紙巻器のデザインや配置から組み合わせていくタイプ。個人のオリジナリティーが出ます。

一から組み立てるので、イメージ通りのスペースができる

機能性がよく、空間の一体感がある

収納が豊富に取れる

設置するものが多く、狭いトイレには向かない

リフォームに時間がかかる

コストが高くつく

最近の住宅事情

建売の新築戸建は、まだまだ組み合わせタイプが多いようです。温水洗浄便座はだいたい、セットで付いております。

中古マンションで、不動産業者さんが売主でフルリフォームや、フルリノベーションしているような物件では、一体型タイプも多く見受けられます。タンクレスや、システムトイレは、やはりお金がかかりますので、ほとんど見かけないです。

リフォームしていない中古戸建てや、中古マンションを安く購入して、自分なりのリフォームをするのであれば、他の設備の兼ね合いもありますが、快適なトイレライフのため、おトイレにお金をかけても良いのではないでしょうか?

最後に最新のおトイレ事情についてです。

最新のおトイレ事情

壁掛けトイレ

壁に便器がついているタイプで、床から浮いているおトイレ。便器の下も、クイックルワイパーでひとふきです。

ふちなし便器

便器のふちをなくすことで、ふちの裏のカビ汚れなどを気にしなくすみますね

トルネード洗浄

渦上にお水を流すことによって、少ないお水で効率的に隅々まで洗浄できます。

きれい除菌水

使用前にボウル部分にミストを自動でふりかけ、汚れを取りやすくしています。

トイレ使用後もミストを自動で振りかけるので、きれいな状態を保ちます。

プラズマクラスター除菌

プラズマクラスターイオンがトイレのボウル内に行き渡って、便座の蓋の裏や、便器内のカビ菌や臭いを除去してくれます。

激落ちバブル

トイレ上部の洗剤タンクから、水を流した時に泡で洗浄してくれます

オート機能

便器に近づくと勝手に蓋が開き、便器に座ると脱臭が始まり、便器から立つと、お水が流れて、蓋が閉まる。

お掃除リフト

便座の部分が上に持ち上がるので、便座と便器の間も楽に掃除できます。

きれいに見えても、おトイレは結構汚れているものです。お掃除しやすいに越したことはないですが、いいものを入れると当然それなりにお金もかかります。

他にリフォームする箇所を考えながら、優先するものと、そうでないものを分けてお考えになったほうが良さそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました